マイナンバーカードを落としても大きな問題ではない

マイナンバーカードに関してなのですが、大きさ自体は免許証などと同じぐらいの大きさだという事です。これぐらいですと持ち運びをするには非常に便利ですよね。

財布に入れるという事も簡単にできるでしょう。ただ注意しておかないといけないのはこれを紛失してしまうという事です。持ち運びがしやすいという事は、その分なくしてしまいやすいという事も言えるからです。

ただ実際になくしてしまったからと言って直ぐに困ってしまう事にはならないでしょう。

おそらく同じような手順で再発行をすることが可能かと思います。現時点においてありがたいのは悪用しようにもそれだけの機能が搭載されていないという事です。

将来的にはクレジットカードの様な機能を持たせようとする動きもあるようですが、今はそうなっていない訳ですから落としたものを拾ったところで、それをお金に変える方法がないのです。

しかし、この先の事を考えると慎重に保管しておいた方が良いという事は確かでしょう。

できれば持ち歩かないで自宅内のタンスなどに保管しておくのが最善かも知れません。

本当に必要だという時だけ持ち運ぶようにするといいでしょう。もっとも手続きなどで必要になるのは番号そのものであってカードではないという事が殆んどです。

つまり、メモ用紙などに自分のマイナンバーを書いて、それを持ち運ぶようにしておいても良いのです。

ちなみに、顔写真入りのものはマイナンバーカードと言いますが、これは別に届け出をしないと貰えないものです。

番号自体は最初の段階で送られてくる通知カードに記載されていますから、マイナンバーカードは別に必要ではありません。この辺りを勘違いしている人が多いので、国の方からも説明をしていただきたいなと私は思っています。

今の所、特に混乱は起きていないようですが、これから先様々な場面でマイナンバーが必要になってくるとなると、何らかの問題が起きる可能性もあるでしょう。

そうならない様に国民としても自主的にマイナンバーについて調べておく必要がありそうです。

マイナンバーの情報漏えい対策ならマイナンバーエイド